会計士女子のよしなしごと

会計士kayaの日記です。本家ブログ「来し方行く末」のおまけページ。つぶやき以上ブログ未満。

スポンサーリンク

4月に引越をしました

本家ブログでもネタにしましたが、通勤時間に耐え切れなかったため、4月に引越をしました。結論(?)から言うと、幸せです!!笑



もろもろ★before→after★
・家賃
     …2〜3万up
・職場までの通勤時間
     …現場によるけれど、15〜30分短縮
・広さ
     …3平米ほど広く
・建物
     …アパート→マンション
・住環境
     …閑静な住宅街→住宅街だがちょっとせせこましい
・築年数
    …数年新しくなった程度。そこそこいってる
 
やはり東京は家賃だけで消耗します。。^_^;
前のアパートは中はそこそこ綺麗なのだけど設備や造りが古かったので、
 
   「箱(※アパート)」
       ↓
   「家」
 
に移ったって気がしてすごく嬉しいです。買ったわけじゃなくて借りているだけだけど、自分の力で少しずつ生活を良くしていけている錯覚に陥っているところです笑(だけど収入が増えたわけじゃないので苦しいです…)
f:id:kaya_2120313:20160510215329j:image
大昔、中学生の頃、引越をしました。私はその家は引越当日に初めて見た(建設中は一度も見にこなかった)のですが、最初目にした時にそれまで自分が住んでいた家よりずっと大きくて綺麗で腰を抜かすほど驚いた感動を今も鮮明に覚えています。「こんな家を建てられる親は凄い!!私はこれからこんな素敵な家に住めるんだ!!」って。…いや、別に豪邸とか言うのではないのです。普通の一軒家です。ただ、それまではとんでもなく狭くてボロいアパートや、小ぶりの一軒家しか住んだことがなかったですし、子供だったので世間のこともあまりよくわからず、なんだか凄いとこ来ちゃったな!て。比較の問題。当時はとっても嬉しかったし、両親に対するリスペクト感?が高まった出来事でもありました。
 
家なんて帰って寝るだけだし、安いアパートでいいや、と思っていたのですが、今回の引越や、子供の頃の引越のことを思い出して、やっぱり住むところは大事だな…と考えを改めた次第です。
 
 
 
どーでもいいけど、ローン組んで家建てるって、世の中のお父さんお母さんは凄いよね?35年ローンとか、私まだそもそもそんな長い期間生きたことすらないんですけど…生まれた時から払い続けてもまだローン残ってるって、どゆこと?…ていう。。
だから、建っている戸建て住宅の数だけ敬意を表します( ̄^ ̄)ゞ
 
 
 
新生活についてはこれからポチポチ更新しようかと思います。
スポンサーリンク